CANDYはWEBメディアの価値向上・CPM改善にどのように貢献するのか? その1

2016年11月16日

ニュースサイト・ブログサイト運営者様での課題解決におけるCANDYの独自利点を紹介します。

昨今のWEB媒体の成長戦略の策定においては、PV数・収益性・コンテンツとしての魅力・固定ファンへのターゲティングなど、様々な視点が考慮された、バランスのとれたページ作成が必要となっています。媒体編集のご担当様、コンテンツマネジメントご担当様、マネタイズ性能向上を目指す媒体広告のご担当様におかれましては、いずれかの課題を持たれており、それに対しての新しいソリューションを求めていらっしゃると理解しております。

これらの課題項目にそって、CANDYの導入メリットをご紹介します。

課題1
アドネットワーク経由での収益性の向上に比重が偏ってしまい、コンテンツの顔となるページ上部やメインコンテンツの周囲が、本来のコンテンツの内容にそぐわない広告によって埋め尽くされてしまう問題があります。

CANDYは一般知識を理解したAIがWEB媒体のメインコンテンツ(ニュース記事など)のトピックスを正確に把握し、人間の一般的な感覚として違和感のない関連するコンテンツを候補用データベース内の選択肢の中から自動選出し、専用ウィジェット内にレコメンド表示する事が可能です。

関連する他の記事・他ドメインで紹介する類似情報、そして、CANDYの独自アドネットに入稿されたCPC広告在庫内でコンテキストマッチした広告など、多種多様なコンテンツを自動マッシュアップします。これを「関連情報コーナー」としてネイティブに表示させる事で、記事ページ等の魅力を高めるとともに、関連広告のクリックによる収益をもたらします。

WEB媒体様での作業は簡単なTAGの設置と弊社が媒体様毎に発行するJAVAスクリプトをHTMLソース内に張り付けて頂くだけで、これらの自動制御機能を組み込み頂けます。文章そのものを一般知識のもと把握するAIが、マッチングの選定を行うため、記事毎・コンテンツ毎へのキーワードTAGなどの設置作業も不要です。CANDYは簡易な作業で「媒体の魅力の向上」「収益性向上」を同時に実現する新しいソリューションです。

<お問合せページはこちら>