CANDY運営者のつぶやき その1

2016年11月17日

小さな頃からTV好きで、今は「隠れTV好き」です。他の人よりはコマーシャルも好きかもしれません。実際、携帯電話のキャリアさんのシリーズもののCMとか、大手食品メーカーのカップラーメン系のCMなんかも好きです。でもいつも気持ちを突然イラっとさせるのは、同じCMを短時間で連続で見せつけられる時。そのスポンサーさんの広告費で製作されているのだから、同じ番組を見ていれば集中するのは当たり前なのですが、コマーシャル毎に、酷いときには連続で、同じCMが(しかも過去にも何回も見たCMが)流れるとき、「ちっ」と思ってしまうのは、私だけではないと思います。小さな話ですが、これも一つの「ユーザー体験の悪化」です。

一方WEBの世界では、Cookieを使って、自動で私の行動履歴を検知し、趣味嗜好を解析を試みるシステムからは、やはり、コンテンツを変えても、サイトを変えても、同じ広告がたくさん出てきます。一つのニュースページの5マスのディスプレーが全て同じ広告という場合も少なくありません。そして残念ながら、私の趣味嗜好には見合っていません。2回連続のTVのCMの時と同じく「ちっ」と思ってしまいます。私だけではないと思います。

そんなわけで、一人の閲覧者の視点で普通に、選んだコンテンツが違えば、CMや広告も連動するほうが、バラエティーある情報が見えて、嬉しいと思うのです。

(CANDYは、こんな風に感じているWEB閲覧者の皆さまに「ちっ」っと言われない広告配信システムです。かしこ。)

コラムつぶやき1画像
<お問合せはこちら>